Program

13:30- 13:35

OPENING REMARKS

▽ SPEAKER

  • 小林 弘人

    小林 弘人HIROTO KOBAYASHI

    株式会社インフォバーン
    代表取締役CVO
    Infobahn
    CVO

    「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げ、1998年より企業のデジタル・コミュニケーションを支援する株式会社インフォバーンを起業。国内外企業のデジタルマーケティング全般からウェブメディアの立ち上げ・運用などを支援。コンテンツ・マーケティング、オウンドメディアの先駆として知られる。
    2012年、日本におけるオープン・イノベーションの啓蒙を行い、電通と『日本のイノベーション・アワード』を創設。審査員を務める。ベルリン市主催APW2016でスピーカーを務める。同年よりベルリン最大のテック・カンファレンスTOAの日本公式パートナーとなる。2018年より、企業と行政のイノベーターをネットワークするUnchainedを創設。ブロックチェーンの社会実装プログラムや領域横断型のイベント、勉強会、海外視察を実施。
    主な著書に『新世紀メディア論』(バジリコ)『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)主な監修・解説書に『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)ほか多数。

    https://www.infobahn.co.jp/

13:35- 13:45

What is TOA?

▽ SPEAKER

  • NIKOLAS WOISCHNIK

    TOA
    Co-Founder

    Tech Open, Ahoy! BerlinとTechBerlinの創設者。近年はベルリンにおけるテック系スタートアップのエコシステムの成長促進に尽力している。ベルリン発の英語ブログ・コミュニティ「TechBerlin」、2万㎡ものコワーキング・スペース「Ahoy! Berlin」や「Tech Open Air」を創設。ほか、Zeitbild Stiftungのボードメンバー、Stylemarks / Shadow / Flinx / Termine24などのアドバイザーを務める。
    Nikolas Woischnik is the founder Tech Open, Ahoy! Berlin and TechBerlin.Over the last years Nikolas has dedicated his time to helping develop the Berlin technology and startup ecosystem, founding Berlin's first english language blog and community (TechBerlin), a 20.000 square feet space for coworking and innovation (Ahoy! Berlin) as well as the Tech Open Air Berlin Festival.He is currently serving as a Board Member at Zeitbild Stiftung and as an advisor to Stylemarks, Shadow, Flinx and Termine24.

    https://toa.berlin/

13:45- 14:00

Housing the future with Cabin One

▽ SPEAKER

  • SIMON BECKER

    Cabin One
    CEO

    激動する今日の世界では、家は錨のような存在だ。どのように家の利便性を生かしたまま、より柔軟で移動可能な生き方を実現できるのか。「Cabin One Mobile House」は可能な限り小さい設置面積の中で心地よさと品質、使いやすさを実現した可動式のモジュラーハウスです。私たちはこのハウスを通して、限られた資源である土地や、お金、建築資材などの持続可能な利用を保証します。
    In a turbulent world, our home acts as an anchor. How can I combine the desire for flexibility and mobility with the advantages of a home? The Cabin One Minimal House is a mobile, modular living unit with a focus on comfort, quality and user-friendliness with the smallest possible footprint. In this way, we guarantee careful use of the resources of space, money and building materials.

    https://cabinspacey.com/

14:00- 14:25

Infarm – the urban farming (r)evolution

▽ SPEAKER

  • EREZ GALONSKA

    infarm
    CEO

    独学で農業を学んだ起業家。世界で最も先進的、かつスケーラブルで迅速な展開を可能としたモジュラー式都市型農業プラットフォーム「Infarm」を創設。共同創業者であるGuy Galonska、Onsat Michaeliとともに、モジュラー式かつ個人でカスタマイズや移動が可能な「Infarm」によって、世界的に増え続ける都市部に住む人々が、新鮮な農作物がすぐに手に入れられる世界を目指す。
    A self-educated farmer and entrepreneur, Erez is founder and CEO of Infarm, the world’s most advanced, easily scalable and rapidly deployable modular urban farming platform. With his co-founders, Guy Galonska and Osnat Michaeli, Erez founded the company with the goal of reconnecting the world’s expanding urban populations to the flavor of fresh produce through modular, mobile and self-regulating urban farms.

    https://www.infarm.com/

14:25- 15:00

KEYNOTE
Lifetech in Europe ~imagine our future life~

▽ SPEAKER

  • SIMON BECKER

    Cabin One
    CEO

    激動する今日の世界では、家は錨のような存在だ。どのように家の利便性を生かしたまま、より柔軟で移動可能な生き方を実現できるのか。「Cabin One Mobile House」は可能な限り小さい設置面積の中で心地よさと品質、使いやすさを実現した可動式のモジュラーハウスです。私たちはこのハウスを通して、限られた資源である土地や、お金、建築資材などの持続可能な利用を保証します。
    In a turbulent world, our home acts as an anchor. How can I combine the desire for flexibility and mobility with the advantages of a home? The Cabin One Minimal House is a mobile, modular living unit with a focus on comfort, quality and user-friendliness with the smallest possible footprint. In this way, we guarantee careful use of the resources of space, money and building materials.

    https://cabinspacey.com/
  • EREZ GALONSKA

    infarm
    CEO

    独学で農業を学んだ起業家。世界で最も先進的、かつスケーラブルで迅速な展開を可能としたモジュラー式都市型農業プラットフォーム「Infarm」を創設。共同創業者であるGuy Galonska、Onsat Michaeliとともに、モジュラー式かつ個人でカスタマイズや移動が可能な「Infarm」によって、世界的に増え続ける都市部に住む人々が、新鮮な農作物がすぐに手に入れられる世界を目指す。
    A self-educated farmer and entrepreneur, Erez is founder and CEO of Infarm, the world’s most advanced, easily scalable and rapidly deployable modular urban farming platform. With his co-founders, Guy Galonska and Osnat Michaeli, Erez founded the company with the goal of reconnecting the world’s expanding urban populations to the flavor of fresh produce through modular, mobile and self-regulating urban farms.

    https://www.infarm.com/

▽FACILITATOR

  • NIKOLAS WOISCHNIK

    TOA
    Co-Founder

    Tech Open, Ahoy! BerlinとTechBerlinの創設者。近年はベルリンにおけるテック系スタートアップのエコシステムの成長促進に尽力している。ベルリン発の英語ブログ・コミュニティ「TechBerlin」、2万㎡ものコワーキング・スペース「Ahoy! Berlin」や「Tech Open Air」を創設。ほか、Zeitbild Stiftungのボードメンバー、Stylemarks / Shadow / Flinx / Termine24などのアドバイザーを務める。
    Nikolas Woischnik is the founder Tech Open, Ahoy! Berlin and TechBerlin.Over the last years Nikolas has dedicated his time to helping develop the Berlin technology and startup ecosystem, founding Berlin's first english language blog and community (TechBerlin), a 20.000 square feet space for coworking and innovation (Ahoy! Berlin) as well as the Tech Open Air Berlin Festival.He is currently serving as a Board Member at Zeitbild Stiftung and as an advisor to Stylemarks, Shadow, Flinx and Termine24.

    https://toa.berlin/

15:00 – 15:30

BREAKTIME

15:30 – 15:40

What is “Lifetech”?

▽ SPEAKER

  • 小林 弘人

    小林 弘人HIROTO KOBAYASHI

    株式会社インフォバーン
    代表取締役CVO
    Infobahn
    CVO

    「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げ、1998年より企業のデジタル・コミュニケーションを支援する株式会社インフォバーンを起業。国内外企業のデジタルマーケティング全般からウェブメディアの立ち上げ・運用などを支援。コンテンツ・マーケティング、オウンドメディアの先駆として知られる。
    2012年、日本におけるオープン・イノベーションの啓蒙を行い、電通と『日本のイノベーション・アワード』を創設。審査員を務める。ベルリン市主催APW2016でスピーカーを務める。同年よりベルリン最大のテック・カンファレンスTOAの日本公式パートナーとなる。2018年より、企業と行政のイノベーターをネットワークするUnchainedを創設。ブロックチェーンの社会実装プログラムや領域横断型のイベント、勉強会、海外視察を実施。
    主な著書に『新世紀メディア論』(バジリコ)『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)主な監修・解説書に『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)ほか多数。

    https://www.infobahn.co.jp/

15:40 – 15:55

Food5.0 ~食と資源と生態系~
Food5.0 ~Food, Nature, and Ecology~

▽ SPEAKER

  • 菊池 紳

    菊池 紳SHIN KIKUCHI

    たべものCo.
    共同創業者 / CDO
    Tabemono Co.
    Co-Founder / CDO

    農畜水産・流通物流など、食のインフラ再構築に取り組む起業家、ビジネス・デザイナー。『SEND』、『Farmpay』、『ハレルヤ』などの創業・開発者。
    サステナブルな食料資源や生命・生態系の構築に向けた『chiQ(チキュウ)』のチーフ・プロデューサーとして、多くの企業と共にプロジェクトをスタートさせている。
    Shin Kikuchi is a Japanese serial entrepreneur / business designer focusing on re-designing food distribution and agriculture. Known as the founder of “SEND”, “Farmpay” and “Hallelu-ya”.
    He is also the representative / chief producer of “chiQ”, a platform for actions / projects enriching ecosystem, living-tings and resources.

    https://chiq.life/

15:55 – 16:05

オープンミールズ / 前例のない未来の作り方
OPEN MEALS / A future like never before

▽ SPEAKER

  • 榊 良祐

    榊 良祐RYOSUKE SAKAKI

    電通
    アートディレクター
    Dentsu
    art director

    2004年電通入社。主にArt Directorとして様々な企業の広告キャンペーンを担当。現在は「広告クリエーターの能力を社会に解放する」をミッションとして縦横無尽に領域拡張中。近年の主なプロジェクトに、SXSWで話題となったデータ食革命”OPEN MEALS”プロジェクト 。2023年開業予定の「北海道ボールパーク」開発プロジェクト。全都民配布の防災ブック『東京防災』プロジェクト。宇宙食市場共創プロジェクト”space food X”など。グッドデザイン金賞。D&AD/カンヌほか受賞多数。「令和ヒットをつくる20人(日経トレンディ)」に選出されるなど。広告クリエーターの枠を超えて活動を続けている。
    Dentsu in 2004, Ryosuke has been in charge of advertising campaigns as Art Director mainly for Coca-Cola, Volkswagen, and Tokyo Metropolitan Government. He believes his mission is to “expand the abilities of advertising creatives to society”, and is reflected in his business domain. Major recent projects include the revolutionary “OPEN MEALS” project, which is gaining worldwide attention, “Hokkaido Ballpark” slated to open in 2023, “Tokyo Bosai”, a disaster prevention book distributed to all Tokyo residents, and “Space Food X”, a co-creation project for the space food market. His accolades include Gold at the Good Design Award, and many creative awards such as D&AD and Cannes Lions. Ryosuke was chosen as one of the “20 Top Hit Makers of the New Age” by Nikkei Trendy magazine, and he continues to work beyond the boundaries of advertising.

    http://www.open-meals.com/

16:05 – 16:15

クラウドキッチンがもたらす未来
How cloud kitchen influences the future

▽ SPEAKER

  • 山口 大介

    山口 大介DAISUKE YAMAGUCHI

    株式会社SENTOEN
    CEO
    SENTOEN Inc.
    CEO

    中央大学法学部卒業後、ニューヨーク州立大学へ編入。帰国後、株式会社イグニスに入社。複数のSNSアプリの企画から運営、iOTデバイスアプリ 目覚ましカーテン「mornin’」の企画・ディレクション統括に携わる。転職後、BCG Digital Venturesの立ち上げに参画し、中国市場にて育児に特化した拡散メディア動画サービスのプロダクトマネジャーとして従事。退職後、世界旅行を経て、様々なサービスを立ち上げとピボットしたのちにクラウドキッチン事業を立ち上げる。
    After several years experience for smartphone apps and IOT device as developer, I joined BCG digital ventures. I have mainly engaged as a product manager. After I retired the job, I started new company and focus on community business.

    https://kitchenbase.jp/

16:15 – 16:25

発酵技術でつくるゴミゼロの循環型社会
Fermenting beyond imagination for zero waste

▽ SPEAKER

  • 酒井 里奈

    酒井 里奈LINA SAKAI

    株式会社ファーメンステーション
    代表取締役
    Fermenstation Co., Ltd.
    CEO

    国際基督教大学卒業。金融機関などに勤務後、発酵技術に興味を持ち、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科に入学、醸造環境科学を学ぶ。 その後、株式会社ファーメンステーション設立。未利用資源から独自の発酵技術でエタノールなどを製造、高付加価値なサステナブル原材料として販売するビジネスを展開している。 第1回Japan BeautyTech Awards特別賞、 第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション特別賞「地域イノベーション賞」、ブリティッシュ・ビジネス・アワード(BBA)2014 Community Contribution 等を受賞。
    Graduated from International Christian University and Tokyo University of Agriculture. Prior to establishing Fermenstation, Lina has worked at Fuji Bank., Ltd. (Currently Mizuho Corporate Bank, Ltd.), and Deutsche Securities. Fermenstation is a premium ethanol venture business manufacturing alcohol and fermented residue from rice. We mainly supplies premium alcohol to the cosmetic industry as ingredient and also develops and markets its own original products. We developed a sustainable and eco-friendly business model whereby any byproduct is turned into a value-add ingredient or product in and of itself.

    https://www.fermenstation.jp/

16:20 – 16:25

SHORT BREAK

16:30 – 16:40

全国定額住み放題「ADDress」が目指す住まい
The future of house

▽ SPEAKER

  • 佐別当 隆志

    佐別当 隆志TAKASHI SABETTO

    株式会社アドレス
    代表取締役社長
    ADDress.Inc
    President

    2000年株式会社ガイアックスに入社。広報・事業開発を経て、2016年シェアリングエコノミー協会設立。内閣官房、総務省、経産省のシェアリングエコノミーに関する委員を務める。18年、定額で全国住み放題の多拠点コリビングサービス事業 株式会社アドレス代表取締役社長。19年シェアリングエコノミー協会常任理事。
    Joined Gaiax Corporation in 2000. After public relations and business development, established the Sharing Economy Association in 2016. A member of the Cabinet Secretariat, the Ministry of Internal Affairs and Communications, and the Ministry of Economy, Trade and Industry on the sharing economy. In 2018 years, a multi-location co-living service business with unlimited living all over the country for a fixed amount. A Managing Director of the Sharing Economy Association in 2019.

    https://address.love/

16:40 – 16:50

タイニーハウスが創造する、これからの豊かな暮らし
Future rich life created by Tiny House

▽ SPEAKER

  • さわだ いっせい

    さわだ いっせいISSEI SAWADA

    YADOKARI
    代表取締役
    YADOKARI Co. Ltd.
    CEO

    暮らし(住まい方・働き方)の原点を問い直し、これからを考えるソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」。暮らしに関わる企画プロデュース、タイニーハウス企画開発、遊休不動産と可動産の活用・施設運営、まちづくり支援イベント、オウンドメディア支援プロモーションなどを主に手がける。

    世界中の小さな家やミニマルライフ事例を紹介する「YADOKARI(旧:未来住まい方会議)」、全国の空き家100均物件のリユース情報を扱う「空き家ゲートウェイ」を企画運営。牽引免許不要のタイニーハウス「Tinys.mobi」を企画販売。自社施設として可動産を活用した日本初の高架下複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(グッドデザイン賞、ソトノバアワード場のデザイン賞)」、可動産イベントキッチンスペース「BETTARA STAND 日本橋(暫定終了)」を企画・運営。黒川紀章設計「中銀カプセルタワー」などの名建築の保全再生にも携わる。著書に「ニッポンの新しい小屋暮らし」(光文社)、「アイム・ミニマリスト」(三栄書房)、「未来住まい方会議」(三輪舎)、「月極本」などがある。
    The social design company "YADOKARI" rethinks the origins of living (how to live and work) and thinks about the future. Mainly engaged in planning and production related to living, planning and development of tiny houses, utilization of idle real estate and movable products and facility management, town development support events, and owned media support promotions.

    http://yadokari.net

16:50 – 17:00

ECOALF – 次世代のための生地 –
ECOALF: Fabrics for future generations.

▽ SPEAKER

  • 井手	マリャム

    井手 マリャムMARYAM IDE

    株式会社三陽商会
    新規事業ビジネス部
    エコアルフ企画
    SANYO SHOKAI LTD.
    New Business Department
    ECOALF PLANNING

    フランス出身。大学院卒業後、サステナビリティに関心を持ち、独自に学ぶ。
    来日後は、事業開発と戦略コンサルティングでの実務経験を経たのち、ECOALFの日本導入のために、昨年10月(株)三陽商会に入社。
    コミュニケーション・マネジャーの役割を通して、ブランドの理念と国内のサステナビリティにおける課題を発信していく。
    Originally from France, I started to be interested in sustainability after graduation and learnt more about it through self-study. After several work experiences in business development and strategy consulting in Japan, I joined Sanyo Shokai in October 2019 to launch the brand ECOALF in Japan. Through my role of communication manager, I aim to spread the brand's message and philosophy, as well as to raise awareness around sustainability in Japan.

    https://ecoalf.jp/

17:00 – 17:10

ファッションを思索する
on the Spectrum of Fashion

▽ SPEAKER

  • 佐野	虎太郎

    佐野 虎太郎KOTARO SANO

    Synflux
    ファッションデザイナー
    Synflux
    Fashion Designer

    1998年生まれ。慶應義塾大学SFC在学中。デザインリサーチを軸に、未来のポストヒューマン的身体について研究している。『攻殻機動隊』や『ブレードランナー』などサイバーパンクSF作品にインスピレーションを受けつつ、我々人間の身体形状・衣服の可能態を思索する。
    Born in Japan in1998. Currently enrolled in the x-Design program at Keio University SFC. Researching on the possible future of fashion in the age of post anthropocene.

    https://synflux.io/

17:10 – 17:20

GREEN IS GOOD / MOONPARKA 発売まで。
GREEN IS GOOD / Road to MOONPARKA

▽ SPEAKER

  • 大坪 岳人

    大坪 岳人GAKUTO OOTSUBO

    株式会社ゴールドウイン
    事業統括本部事業本部 ザ・ノース・フェイス事業一部
    副部長 兼 プロダクトグループマネージャー
    GOLDWIN
    THE NORTH FACE div
    dpty GENERAL MANAGER (product director)

    アウトドア、トレラン、キッズなど多岐にわたるアパレルの企画を経験。現在はTNFの企画全般をマネジメントする。 人工合成クモ糸繊維の開発で知られるスパイバー社との共同開発によるジャケット「MOON PARKA」の企画開発にも携わる。

    https://www.goldwin.co.jp/tnf/

17:20 – 17:40

Restorative, Responsible, Resilient – これからのデジタル循環型ファッション
Restorative, Responsible, Resilient: Speculation on the future of fashion

▽ SPEAKER

  • 大坪 岳人

    大坪 岳人GAKUTO OOTSUBO

    株式会社ゴールドウイン
    事業統括本部事業本部 ザ・ノース・フェイス事業一部
    副部長 兼 プロダクトグループマネージャー
    GOLDWIN
    THE NORTH FACE div
    dpty GENERAL MANAGER (product director)

    アウトドア、トレラン、キッズなど多岐にわたるアパレルの企画を経験。現在はTNFの企画全般をマネジメントする。 人工合成クモ糸繊維の開発で知られるスパイバー社との共同開発によるジャケット「MOON PARKA」の企画開発にも携わる。

    https://www.goldwin.co.jp/tnf/
  • 川崎	和也

    川崎 和也KAZUYA KAWASAKI

    Synflux
    スペキュラティヴ・ファッションデザイナー
    デザインリサーチャー
    Synflux
    Speculative Fashion Designer
    Design Researcher

    1991年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)、現在同後期博士課程。バイオマテリアルの可能性を模索する「Biological Tailor-Made」、機械学習のアルゴリズムとの共創を目指す「Algorithmic Couture」、SF作家と共同制作したデザインフィクション「全滅する気がないなら、交雑せよ」「表参道絹行」など、身体や衣服、素材にまつわる思索的な創造性を探求する実践を行う。主な受賞に、H&M財団グローバルチェンジアワード特別賞、文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品選出、Dezeen Design Award Longlist、STARTS PRIZE、Wired Creative Hack Award、YouFab Global Creative Awardなど。オランダ・ダッチデザインウィーク/南アフリカ・デザインインダバ招待作家。主要な展示に「Making Fashion Sence (2019、Basel)」「現在地:未来の地図を描くために(2019、金沢21世紀美術館)」など。編著書に『SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて』(BNN新社、2019)がある。
    "Kazuya is a trans-disciplinary designer to construct a bridge between fashion design and wearable technology in giving focal points to historical, existing and speculative fashion issues with science, technology and communication through design research and critique. He is researching fashion design, wearable technology and bio design. His projects look at fashion design in the broad spectrum, from material development to the process of design in order to create fashion works to speculate on an alternative future of post-human bodies and explore how fashion design can be a critical medium between human and natural / built environment. He won the prize winner at the Global Change Award by H&M Foundation, Japan Media Art Festival: Art Division, Dezeen Design Award Longlist, YouFab Global Creative Award 2017, Wired Creative Hack Award 2017 and STARTS Prize 2017. Also he was selected for one of the top 20 global design graduate by Dutch Design Week, World Design Event and Design Indaba, and he was nominated for one of the “Tech-Skin Innovator” for Future Innovator Summit Tokyo 2018 by the Ars Electronica Tokyo Initiative. Recently he has enrolled in a PhD course in Keio University SFC X Design Program. He is the supervisor and one of the co-author of the book “SPECULATIONS (BNN publisher, 2019)”.

    https://synflux.io/

▽FACILITATOR

  • 軍地	彩弓

    軍地 彩弓SAYUMI GUNJI

    株式会社gumi-gumi
    CEO
    gumi-gumi Co. Ltd.
    CEO

    大学在学中からリクルートでマーケティングやタイアップを中心とした制作の勉強をする。その傍ら講談社の『Checkmate』でライターのキャリアをスタート。卒業と同時に講談社の『ViVi』編集部で、フリーライターとして活動。その後、雑誌『GLAMOROUS』の立ち上げに尽力する。
    2008年には、現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、『VOGUE GIRL』の創刊と運営に携わる。
    2014年には、自身の会社である、株式会社gumi-gumiを設立。現在は、雑誌『Numéro TOKYO』のエディトリアルアドバイザー、ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)、Netflix ドラマ「FOLLOWERS」のファッション監修。WEBメデイア等の執筆、テレビ等のコメンテーターまで、幅広く活躍している。
    While studying at university for sociology, she started her career at RECRUIT focusing on marketing and tie-up production .Meanwhile, she started her writer career withJapanese Publisher Kodansha's Magazine "Checkmate".
    Upon graduation, she worked as a freelance writer at Kodansha's "ViVi" editorial department. Later, she worked on the launch of the magazine "GLAMOROUS".

    In 2008, she joined Condé Nast Japan. Involved in the launch and operation of "VOGUE GIRL" as a creative director.

    In 2014, She established her own company, gumi-gumi. Currently, she is active in editorial director of the magazine "Numéro TOKYO", fashion supervision of the drama "First Class" (Fuji TV series), and "FOLLWOERS"(NETFLIX) ,and commentator of the TV news program .

    https://www.gumi-gumi.tokyo/

17:40 – 18:00

セックス、フード・アンド・スペキュラティブ
SEX, FOOD & SPECULATIVE

▽ SPEAKER

  • 長谷川 愛

    長谷川 愛AI HASEGAWA

    東京大学大学院工学部
    特任研究員
    The University of Tokyo
    School of Engineering
    Special Researcher

    芸術家、東京大学特任研究員。バイオアート、スペキュラティヴ・デザインなどの手法により、技術と人の関係を主題にした作品を制作している。 挑発的な作品群は倫理的な境界について鑑賞者に議論を促し、生殖と食事に関連するテーマの作品が多い。代表作、(不)可能な子供、Shared Baby, Human X Shark,I wanna deliver a Dolphin...など。 2020年に「20XX年の革命家になるには──スペキュラティヴ・デザインの授業」を発行。
    Artist and special researcher at the University of Tokyo. Ai produced many works putting emphasis on subjects relating to technology and people with employing techniques such as Bio Art, Speculative Design. Ai produces provocative work and incites discussion, continually seeking answers to questions on ethical barriers. Ai’s signature projects are related to reproduction and eating: (Im)possible Baby, Shared Baby, Human X Shark,I wanna deliver a Dolphin.... and so on. Ai published a design book “Revolutionary20XX” in 2020.

    http://aihasegawa.info
  • 小林 弘人

    小林 弘人HIROTO KOBAYASHI

    株式会社インフォバーン
    代表取締役CVO
    Infobahn
    CVO

    「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げ、1998年より企業のデジタル・コミュニケーションを支援する株式会社インフォバーンを起業。国内外企業のデジタルマーケティング全般からウェブメディアの立ち上げ・運用などを支援。コンテンツ・マーケティング、オウンドメディアの先駆として知られる。
    2012年、日本におけるオープン・イノベーションの啓蒙を行い、電通と『日本のイノベーション・アワード』を創設。審査員を務める。ベルリン市主催APW2016でスピーカーを務める。同年よりベルリン最大のテック・カンファレンスTOAの日本公式パートナーとなる。2018年より、企業と行政のイノベーターをネットワークするUnchainedを創設。ブロックチェーンの社会実装プログラムや領域横断型のイベント、勉強会、海外視察を実施。
    主な著書に『新世紀メディア論』(バジリコ)『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)主な監修・解説書に『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)ほか多数。

    https://www.infobahn.co.jp/

18:00 – 18:10

CLOSING REMARKS

18:15 – 20:00

NETWORKING PARTY

※一部変更の可能性ございます。

TOA WORLDTOUR STYLE
TOAワールドツアースタイル

style_01
style_02
style_03

MAP