BLOCKCHAIN × LIFEブロックチェーンが変えるビジネスと社会

PART1: 初の業界横断型ブロックチェーン公開セッション

TOAワールドツアーは、欧州最大級のイノベーション・フェス「Tech Open Air(TOA)」に集うイノベーターたちとグローバルなイノベーターや企業の上級職者、クリエーターたちをつなぐ、ナレッジ交換ネットワークです。
TOAワールドツアー東京では、そのネットワークを活かし、日本では例のないブロックチェーンを活用した日本企業および、国内外の識者たちを集めた公開セッションを行います。

PART2: イノベーターズ・ピッチ

TOAのスタイルである領域横断型セッション。各分野のイノベーターたちに登壇していただき、いま最先端領域でなにが起きているのか理解し、それぞれのエキスパートたちとネットワーキングができます。

TOA World Tour connects Tech Open Air (TOA) – Europe’s leading interdisciplinary technology festival – with gamechangers all over the world in a network of interdisciplinary knowledge exchange and collaboration.

Interested? Immerse yourself in this network at TOA World Tour: Tokyo 2018. Be part of the conversation that is TOA World Tour: Tokyo, motivate your inner creator with talk sessions and networking opportunities, exhibitions by a kaleidoscopic selection of innovators and thought leaders.

speakers

  • ARTHUR BREITMAN

    Tezos
    Founder
    Founder, Tezos

    ハードフォークによらないシステム修正を実現するプライベートブロックチェーンTezosの創設者。プロトコル仕様修正の承認システムにはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用している。Tezos創設前は、GoogleXとWaymoのリサーチエンジニア、ゴールマン・サックスやモルガン・スタンレーで定量分析に従事。仏高等教育・研究機関を卒業、ニューヨーク大学クーラント数理科学研究所で応用数学を学んだ。
    Arthur Breitman is the creator of Tezos, a public blockchain enabling decentralized governance through self-amendments. Previously, Arthur was a research engineer for Google X and Waymo. In his early career, he worked as a quantitative analyst for Goldman Sachs and Morgan Stanley. Arthur graduated from the École Polytechnique and the Courant Institute of NYU where he studied applied mathematics.
  • ELI LYONS

    Tupac Bio
    CEO and Co-founder
    Tupac Bio
    CEO and Co-founder

    Tupac BioのCEO・共同創設者。在米時にコンピューター・エンジニアリングと組み込みシステムで修士修了後、現在東京大学で医学博士課程を修了中。現在は、ウェット(実際に化学物質等を使用するハンズオンの研究)以外に、生物情報科学に基づいた、変異原性物質のハイスループットアッセイを含む医療研究に取り組んでいる。
    Eli Lyons, Ph.D. candidate, is the CEO and co-founder of Tupac Bio. Eli completed a master's degree in Computer Engineering and Embedded Systems in America prior to commencing his doctoral studies at the University of Tokyo. His Ph.D. work has involved a mix of hands on wet-lab work and bioinformatics analyses of high-throughput mutagenic screens. He co-founded Tupac Bio to develop intuitive software solutions to emerging problems in biodesign and high-throughput screening.
  • 篠原 ヒロ

    篠原 ヒロHIRO SHINOHARA

    Hotaru Inc.
    共同創業者 CEO
    Co-Founder and CEO, Hotaru Inc.

    6歳の時、自宅にあった Macintosh に出会い、コンピュターでものを作る喜びを経験する。11歳の時、テレビで見た Netscape と、Marc Andreessen が起こした革命に強い衝撃を受ける。そして、中学生時代。アメリカ西海岸を訪れ、後にドットコムバブルと呼ばれる現象を目の当たりにする。その時、テクノロジー業界での起業という生き方を決意する。 帰国後、ソフトウェアの開発に没頭。学生時代に作成した i-mode サイトのヒットで感触を掴み、19歳で起業。以降、モバイルアプリ、クラウドホスティング、IoT 半導体等、インターネット関連の複数のスタートアップに携わり、日本、シンガポール、台湾、アメリカで起業をする。 ビットコインの登場以降は、非中央集権社会を実現するそのテクノロジーに感動を覚え、仮想通貨及びブロックチェーンの事業に力を注ぐ。
    After encountering his first Macintosh computer at home as a kid, Hiro learned the joy of creating things with a computer and was strongly influenced by a TV show on Marc Andreessen’s Netscape-driven internet revolution. As a middle-schooler, he visited the US for the first time and encountered the phenomenon that would later be termed as dot-com bubble, which made him determined to pursue a career in the tech industry. After experiencing initial success of creating a mobile website, he founded his first startup at the age of nineteen. Since then Hiro has been involved in numbers of internet-based startups in fields including mobile applications, cloud hosting, IoT semiconductors, and have founded companies in Japan, Singapore, Taiwan, and the US. Hiro was profoundly impressed by the efforts to develop a decentralized society through the emergence of Bitcoin, and has focused his work on Cryptocurrency and Blockchain ever since.
  • 林 要

    林 要KANAME HAYASHI

    GROOVE X株式会社
    代表取締役社長
    CEO & Founder, GROOVE X, Inc.

    1973年愛知県生まれ。トヨタに入社し、同社初のスーパーカー「レクサスLFA」の開発プロジェクトを担当。 その後トヨタF1開発を担当し渡欧。帰国後、量産車の開発マネジメントを担当。 次世代リーダー育成プログラム「ソフトバンク・アカデミア」に外部一期生として参画。 孫正義氏に誘われ、ソフトバンクに転職。人型ロボット「Pepper」の開発プロジェクトを担当。 2015年「GROOVE X」を起業し、現在は2018年末発表の新世代家庭用ロボット「LOVOT」の開発を推進している。
    Started his career at Toyota Motor and engaged in development project for Toyota’s first supercar “LFA”. Developed aerodynamic designs of F1 (Formula 1) both in Japan and Germany. After managing development of mass-produced models at Toyota, he joined Masayoshi Son’s Next-Generation Leadership program “Softbank Academia”. Joined Softbank in 2012 and he was a core member of developing personal robot “Pepper”. Founded GrooveX in 2015 and now developing a home robot “LOVOT”. “LOVOT” is planned to be announced at the end of 2018.
  • 岡島 礼奈

    岡島 礼奈LENA OKAJIMA

    株式会社ALE
    CEO
    CEO, ALE Co.Ltd.,

    東京大学理学部天文学科卒/同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号取得。 在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。 ゲーム、産学連携のサービスなどを立ち上げる。ゴールドマン・サックス証券勤務 2011年9月に株式会社ALE設立。
    Founded ALE in September 2011 and serves as its CEO. Prior to ALE, worked in bond investment and private equity at Goldman Sachs. She is also a serial entrepreneur, having founded two companies in the past in the mobile gaming and consulting industries. Ph.D. in Astronomy at the University of Tokyo.
  • 藤本 真衣

    藤本 真衣MAI FUJIMOTO

    株式会社グラコネ
    CEO
    CEO, Gracone,Inc

    株式会社グラコネ代表取締役
    ビットコイン寄付プラットフォーム KIZUNA Founder

    Miss Bitcoin の愛称で親しまれている。2014年1月に株式会社グラコネを設立。”繋がるを作る”をコンセプトにイベントプロデュースやマッチングビジネスを中心に活動。2016年以降、主にビットコイン・ブロックチェーン業界のマッチングに力を入れ、ブランディング・PR コンサルタントとして活動。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン企業のアドバイザーを務める。2017年1月、ビットコイン寄付プラットフォーム KIZUNA を立ち上げる。
    Mai, or more popularly known in Japan as “Miss Bitcoin” has been immersed in the crypto-space since 2011, establishing her footprint in the industry with an impressive resumé. She is the founder of Gracone, a company that helps connect businesses in the blockchain / cryptocurrency industry, and has been quoted in many media publications. She’s an advisor to a renowned list of established IT companies in Japan such as GMO Internet, bread and Hotaru, providing counsel for their blockchain / cryptocurrency endeavors.
  • PETER CZABAN

    Web3 Foundation
    Executive Director
    Executive Director, Web3 Foundation

    イーサリアムの共同創業者でもあるGavin Woodが立ち上げたWeb3 Foundationでエグゼクティブ・ディレクターを務める。Web3 Foundationは分散化されたWeb、サーバーレス・インターネットの構築を目指して設立された。オックフフォード大学で工学修士取得後、ベイズ推論による機械学習を専門領域とする。防衛、金融、データ分析などの幅広い業界で、メッシュネットワーク、定量評価手法、機械学習などのプロジェクトに携わってきた。
    Peter is the Executive Director of the Web 3 Foundation, where he works on supporting the development of the next generation of distributed technologies. He obtained his Masters of Engineering degree at the University of Oxford, reading Engineering Science where he focused on Bayesian Machine Learning. He has worked across defense, finance and data analytics industries, working on mesh networks, distributed knowledge bases, quantitative pricing models, machine learning and business development.
  • RENÉ STRIEN

    botspot
    Business Development
    Head of Business Development
    botspot
    Business Development
    Head of Business Development

    前職では出版社におけるデジタル化を担当。その際に情報のデジタル化による機会が創出される瞬間に立ち会い、そのチャレンジに挑戦し続けることを決意する。最先端の精密3Dスキャン技術で知られているスペシャリストの集まり「botspot」に参画する。
    In a former life as a book publisher responsible for a digitalization process that opened up many new opportunities. Decided to continue this challenge much more consequently, joining Berlin's 3D scan technology whizkids from botspot.
  • 石野 卓球

    石野 卓球TAKKYU ISHINO

    DJ/PRODUCERDJ/PRODUCER

    1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』 をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心と した海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェステ ィバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万 人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本 に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めた Disc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015 年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアル バム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。 2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018 年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリー ス。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。
    He formed DENKI GROOVE with Pierre Taki and others in 1989. The first solo album "DOVE LOVES DUB" was released in 1995. It was during this time that he seriously started his career as a DJ. In 1997, with the main focus in Europe, he also began his career abroad. In 1998, he performed in front of 1.5 million people at the Final Gathering at the world's biggest techno music festival, "Love Parade", in Berlin. From 1999 to 2013, He headed an event called "WIRE", Japan's largest indoor rave with over 10,000 audiences, and he vigorously introduced foreign DJs and artists to Japan. In July 2012, the songs played during the WIRE COMPILATION during 1999 to 2011 were complied into Disc1, and the unheard original demos were complied into Disc2. The 2-disc set called "WIRE TRAX 1999-2012" was released. In December 2015, he was the only Japanese person to be solely in charge of the single cut "Tuitti Fruitti" remix for the new album of New Order, "Music Complete". Later in August 2016, the first original solo album in six years, "LUNATIQUE" , December 2017 “ACID TEKNO DISKO BEATz”, January 2018 “Takkyu Ishino Works 1983~2017” was released. Right now, he is actively working as a DJ, producer and remixer.

conference

OUTLINE

日程:2018年4月25日(水)
主催:Tech Open GmbH、株式会社インフォバーン
場所:amana 海岸スタジオ(東京都港区海岸3−9−18

Schedule: 25 April
Organizer: Tech Open GmbH, INFOBAHN.inc
Venue: amana KAIGAN STUDIO (3-9-18 Kaigan, Minato-ku, Tokyo, Japan)

past events